ドッグトレーナー シッスルケイナインカレッジは犬訓練士の養成学校です。

シッスルドッグスクール

ドッグトレーナーのスクールはシッスルケイナインカレッジ

フリーダイアル 鎌倉本校 info@thistle.jp
スクール概要 アクセス プライバシーポリシー サイトマップ
シッスルドッグスクール
top なぜシッスル? 受講案内 講師紹介 受講生の声 よくある質問 英国式へのこだわり お問合わせ

よくある質問

受講生はどんな人?

トレーナーの仕事について

ほかの受講生の目的・卒業後の進路(独立・転職)について

コースの内容について

自分に合うコースの見つけ方

 


Q社会人でも学べますか?

Q仕事をしながらでも学べますか?

土日でも平日でも、週1日、好きな曜日を選んでいただけるので、仕事を続けながら学んでいただけます。また、どうしても出席できない場合は、授業の振り替えもできますので、
急な仕事や用事が入ってしまっても安心です。

Q短期間(短時間)でもトレーナーとしての技術を身につけられますか?

無駄なく学べるカリキュラムにそって少人数で行うので、短時間でも中身が濃いレッスンです。
経験豊かな現役トレーナーの講師がきめ細かく指導しますので、
1回1回の授業で実力がついていくのを実感していただけます。
プロのトレーナーは、常に自分の技術を磨こうと努力を重ねています。
犬に関する基礎知識を学んだ上で、いかに自分で勉強したり、セミナーに行ったり、
より多くの犬と接して経験を積むことでよいトレーナーになっていくものです。

Qどんな人が通っているのですか?

20歳代から60歳代の方まで、性別・年齢を問わず、幅広い職業・経歴の方が学んでいます。

△ページのトップへ戻る

 

Qドッグトレーナーってどんな仕事ですか?

プロの家庭犬ドッグトレーナーは、犬の扱い方を飼い主さんに教えることができなければなりません。子犬から成犬、シニア犬、問題犬など…どんな犬でも対応できなければならないのは
もちろんのこと、飼い主さんとコミュニケーションをはかることが大切です。より多くの犬に接し、
技術・経験を積み重ねていくことで、実力をみがいていきます。

Q ドッグトレーナーって犬の訓練士ではないのですか?

犬の訓練士は英語でドッグトレーナーです。ドッグトレーナーはもともと作業犬(警察犬、盲導犬など)や軍用犬をトレーニングするのが主な仕事でした。しかし戦後徐々に家庭犬のトレーニングにシフトしていきました。ですからドッグトレーナーという職業の歴史そのものは長いのですが、人数も非常に少なかったのです。しかし現在はペットブームの影響で犬を飼う人が非常に増え、家庭犬トレーナーの数も増えつつありますが、しっかりとした教育を受け、本当の意味で犬をしてうけることのできる
トレーナーは少ないのが現状です。

Q 家庭犬トレーナーと警察犬・盲導犬などのトレーナーは何が違うのですか?

警察犬の訓練は、その犬の持っている資質を引き出しながらハンドラーの指示に確実に従って作業ができるようにする、という非常に繊細な訓練を必要とします。そのように、犬の小さな心の動きや動作を見逃さない高度な訓練のできるトレーナーは、家庭犬を見極め、適切に扱う技術を持っていると言えます。一方、家庭犬のしつけができても簡単に高等訓練ができるとは言えません。 また、
盲導犬のトレーニングはオヤツを使わずに行うので、リードを上手に使う技術が必要になります。

△ページのトップへ戻る

 

Qどんな目的で受講している人が多いですか?
自分がドッグトレーナーに向いているかわからないのですが・・・

受講生・卒業生の方々は、自分の犬のしつけがしたい、これから犬を飼いたい、
プロのトレーナーになりたい、という方、また愛犬と競技会に参加したい、という方まで、
様々な目的で勉強されています。

Q卒業したらスタッフになれますか?

Q就職先の斡旋はありますか?

トレーナーズスクールのプロフェッショナルコースを卒業後、
スタッフとして就職された受講生もいます。

Q受講生の卒業後の進路はどのようなものが多いですか?

スタッフとして就職、専門学校講師、独立・開業(しつけ教室や出張トレーニング、ワンちゃんのお預かり、ドッグカフェなど)、仕事を続けながら休日にフリーでトレーナーの仕事をする、など様々な場面で卒業生が活躍しています。

また、実際にペットシッターや動物病院の看護士、盲導犬協会で働いていたトレーナー、 動物の専門学校卒業生などのすでに犬に携わってきた人が、技術面での不安の解消を図るため、
本格的に家庭犬のしつけを学ぶことを目的に入校しています。そして、経験のない基礎から学ぶ
受講生に混じって勉強します。卒業後、スキルアップをはかれた生徒さんたちは、
それぞれの分野で活躍しています。

Q出張トレーナーになって独立したいのですが・・・

Qドッグカフェを開業したいのですが・・・

Q独立してしつけ教室を開けるようになりたいのですが・・・

Q今の仕事を続けながら休日のサイドビジネスで犬のトレーニングを
するのは可能でしょうか?

まずはファンダメンタルコースから初めて、プログレスコース、
プロフェッショナルコースに進んでください。

ドッグトレーナーとして出張訓練を始めたあとに、自分ではわからない問題や直面したときには
ご相談ください。必要な支援をいたします。例えば、一人では対応しきれない問題行動の犬、
どう対処すべきかわからない犬を頼まれた…そんな時でも、ご相談くだされば必要なアドバイスやサポートをします。その他、子犬の社会化としてパピークラスを開きたいけれど必要な子犬の数が
足りない、アジリティをやってみたいという飼い主さんが現われた、といった場合には、
シッスル・ドッグスクールのグランドを活用していただくことも可能です。

Qプロの家庭犬トレーナーとして独立したい

ファンダメンタルコース、プログレスコース、プロフェッショナルコースを受講してください。
プログレスコースでは、飼い主さんにどのように指導・説明したらいいかを勉強し、
しつけ教室のやり方などを学んだ上で、プロフェッショナルコースでさらにプロとしての知識と経験を深めていただきます。
プロのトレーナーは、常に自分の技術を磨こうと努力を重ねています。犬に関する基礎知識を学んだ上で、いかに自分で勉強したり、セミナーに行ったり、より多くの犬と接することがよいトレーナーになる秘訣です。

Qプロのトレーナーを目指しているわけではないのですが・・・

愛犬のしつけが目的で受講される方もたくさんいらっしゃいます。

また、スクールで学んだ知識・技術を活かして新たに犬を飼ったり、
愛犬と競技会に出ている人もいます。
最近は、しつけに興味を持つ一般の愛犬家が増え、家庭犬競技会の参加者が増えています。
競技会は、顔見知りのワンちゃんたちとともに、日頃のトレーニングの成果を発表するいわば
“発表会”のようなもの。仕事をしながらスクールで勉強し、 犬を飼い始めてからは
愛犬のトレーニングにはまってしまい、大きな大会で優勝した生徒さんもいます!

Q:週1回の授業だけでプロの家庭犬トレーナーになれるのですか?

プロのトレーナーは、常に自分の技術を磨こうと努力を重ねています。犬に関する基礎知識を学んだ上で、いかに自分で勉強したり、セミナーに行ったり、
より多くの犬と接して経験を積むことでよいトレーナーになっていくものです。

Q:独立開業したいのですが・・・

自分のお店を出したい方・独立開業したい方は、シッスルが支援します。
ナーサリー(日中のお預かりと基本トレーニング)を運営するにあたっての必要な資金、
立地の選び方、営業・広告の方法、ビジネスプランニング、最低限必要な設備、トラブル処理、など知っておかなければならないことをお教えします。個別にご相談ください。

Q:スクールで学んだ知識・技術を活かして愛犬と競技会に出たい

最近は、しつけに興味を持つ一般の愛犬家が増え、家庭犬競技会の参加者が増えています。
競技会は、顔見知りのワンちゃんたちとともに、日頃のトレーニングの成果を発表するいわば
“発表会”のようなもの。仕事をしながらスクールで勉強し、犬を飼い始めてからは
愛犬のトレーニングにはまってしまい、競技会で優勝した生徒さんもいます!

△ページのトップへ戻る

 

Qトレーナーズスクールでは何頭くらいの犬で勉強するのですか?

ファンダメンタルコースでは終了までに35頭以上、プログレスコースでは50頭以上の犬で勉強していただきます。シッスルではスクール犬だけでなく、関連施設のドッグスクールでお預かりするワンちゃんたちもたくさんいます。普段はお目にかかれない珍しい犬種に会えることも楽しみの一つです。

Qどんな犬で学ぶのですか?(年齢、犬種、サイズは?)
実際に問題犬を扱うこともありますか?

超小型犬から超大型犬、数カ月の子犬から10歳以上のシニア犬まで、 色々な犬種で学んでいただきます。また技術レベルがアップしていくと問題犬のトレーニングなども行いますので、
実力が身についていきます。
ドッグスクールと併設しているメリットの一つです。

Q振り替え制度はありますか?

急な用事や仕事で受講できない場合は、振り替え制度を設けていますので、ご安心ください。

Q遠くて通えないかもしれないと心配です

仕事を続けながらでも週末に何時間もかけて通っていらっしゃる生徒さんもいます。
通うのが大変でも、仲間やワンちゃんと触れ合っているうちに、がんばる気持ちがわいてきます。

Qほかのスクールと検討しているが?

それぞれのスクールのカリキュラムや雰囲気、講師・スタッフの印象などを考慮して、
ご自分の目的に合ったスクールを選んでください。

シッスルでは、ドッグトレーニングの先進国イギリスの確固としたメソッドに裏打ちされた講習内容ですので、安心して学んでいただけます。また、同経営のドッグスクールと併設しているため、
ドッグトレーナーとして自立できるために必要な様々な状況を様々なワンちゃんとのふれあいをとおして学んでいただけます。

Q成犬のしつけもできますか?

もちろんです。 シッスルでは、子犬から成犬まで、色々な年齢・性別・犬種のワンちゃんが
います。まだ頭のやわらかい子犬だけではなく、何らかの理由でトレーニングを必要とする成犬も
使って学んでいただきます。

プロのドッグトレーナーにとってトレーニングする相手は子犬だけとは限りません。
成犬とも仲良く学べる技術を、学科講習「動物行動学」などを通して学んでいただけます。

Q子犬のしつけと成犬のしつけとの違いは?

子犬は何もかも初めて学ぶことばかり。柔軟性もあるし、好ましくない癖もついていませんので、
新しいことを教えるのは比較的簡単です。一方、成犬は、良いことも悪いことも、教えたつもりのないことでも毎日の生活の中で学習してきています。子犬の対応とは同じではありません。
子犬の時だけ一生懸命社会化をしたからといって安心しないで、継続していくことが大切です。

Qライセンスは必ずもらえるの?受講した生徒は全員卒業できるのですか?

各コースの終了時に認定テストを受けていただきます。
知識・経験豊かな講師が生徒さん一人一人に目を配って指導いたしますので、
どんな方でもコース終了時にはライセンス認定基準を満たしていただけるようになります。
受講生全員がライセンスを取得できるレベルを達成できるように指導するのが講師の役目です!

Q警察犬、盲導犬、聴導犬、競技会、アジリティのトレーニングはできるようになりますか?

プロフェッショナルコースでは、アジリティの教え方も学びます。また、希望する方には、警察犬、
競技会の訓練について学んでいただくことも可能です。その他の専門の訓練について学べる
スクールや提携校を紹介することができます。当スクールの校長は自ら英国で家庭犬トレーニングを学ぶなど、40年以上日米欧で犬のトレーニングに関わってきました。

△ページのトップへ戻る

 

Q自分の犬のしつけができるようになりたいのですが

Qこれから犬を飼いたいのですが

Q犬を飼っていなくても受講できますか?

ファンダメンタルコースをお勧めします。他の犬と比べて愛犬がどういう性格なのかが
わかるようになり、より適切なトレーニングができるようになります。受講するうちにもっとレベルアップしたいと思ったときには、プログレスコースに進むことも可能です。

Q友人などの犬のしつけができるようになりたいのですが?

まずはファンダメンタルコースから初めて、プログレスコースにお進みください。

Q:トレーナーズスクールとケイナインカレッジは何が違うのですか?

シッスルでは、以前からケイナインカレッジというスクールで、犬のトレーニングについて学びたいという方々の希望に応えてきました。ケイナインカレッジは、平日週4日で1年間、または土日のみで2年間、鎌倉本校に通っていただき、家庭犬から高等訓練、アジリティ、犬舎管理など全般的に学んでいただけます。
一方、トレーナーズスクールは、「今の仕事を続けながら学びたい」「鎌倉まで通えない」
「トレーナーにはならなくても犬について勉強したい」などといった生徒さんたちのニーズに応えて
生まれたコースです。そのため、それぞれの目的に合わせてどのレベルまで勉強するかを選んでいただけるようになっています。

Q 英国研修では何をするのですか?(内容は?)

ドッグトレーニング基本コース(4日間)子犬のしつけの基礎をマスターするコース、
インストラクターとしての基本技術、無駄吠え・噛み癖の犬などに対処する方法、
問題犬の対処法(基礎)、(2006年度のプログラムから)その他盛りだくさんの内容です。

講師陣は英国ナンバーワンのドッグトレーナー、ジョン・アンクル氏をはじめとしたベテラントレーナー

見学コース(2日間)実際に農場で働くシープドッグ(牧羊犬)のデモンストレーションと
ハンドラーによるQ&A、英国盲導犬協会トレーニングセンター訪問、警察犬訓練センター訪問

Q犬を飼っていないけれど大丈夫か

シッスルにはたくさんの犬種がいます。もし将来犬を飼うのであれば、色々なワンちゃんと接した上で自分にぴったりのワンちゃんを選ぶ助けになるでしょう。

Qトレーナーにまでならなくてもいいんだけど、受講できますか?

もちろんです。卒業生の中でも、愛犬のしつけが目的で受講される方もたくさんいらっしゃいます。

Qドッグトレーナーの適性は?

犬が好きなことはもちろん、好奇心旺盛な方、根気のある方、チャレンジ精神のある方、
そして、様々な社会経験を積んできたことは大きな財産になります。

△ページのトップへ戻る

Contents menu
Q&A
体験レッスン
体験レッスン