ドッグトレーナー シッスルケイナインカレッジは犬訓練士の養成学校です。

シッスルドッグスクール

ドッグトレーナーのスクールはシッスルケイナインカレッジ

フリーダイアル 鎌倉本校 info@thistle.jp
スクール概要 アクセス プライバシーポリシー サイトマップ
シッスルドッグスクール
top なぜシッスル? 受講案内 講師紹介 受講生の声 よくある質問 英国式へのこだわり お問合わせ

シッスルケイナインカレッジの特徴


犬のしつけ方だけではなくそれに伴う犬に関する知識や技術を総合的に教えます。

例えば、(*1)ジャパンケネルクラブ(JKC)、という協会ですが、ここは(*2)英国ケネルクラブとも
提携、協力関係にあります。愛犬家が犬を迎え入れた後の血統書の登録手続きもここで行なわれるほか、(*3)訓練試験や (*4)競技会(*5)アジリティー (*6)フライボール等の大会もこの団体で主催されるものが数多くあります。

最近の傾向からいって、愛犬家は犬と楽しめる場所を求めており、それに伴い競技会への参加人数も年々増えています。これは家庭犬のしつけに深い関心を持った人々が増えて来ていることの証しとも言えます。

熟練のスタッフがサポートします。

シッスルのスタッフは全国で開催されるJKCの競技会へも積極的に参加し、プロの部の優勝を始め、常に上位の成績を残しています。 卒業生達の参加も盛んに行われています。

ドッグトレーナーとしてお客様と接していくにあたり、多方面の技術と知識が要求されるためシッスルシッスルケイナインカレッジで学んでいただいた深い知識と技術は各方面で大いに役立つことと思います。

少人数で丁寧にご指導するのがシッスルスタイルです。

犬に興味があり犬の事をもっと知りたい方、これから犬を飼おうとしている方、自分の犬をもっと上手にしつけたい方など、プロのトレーナーを目指している方だけではなく犬について勉強したい方々に対しても、様々な年令や環境に応じたカリキュラムを組み、少人数制でお一人お一人丁寧にご指導いたします。数千頭もの犬を実際に英国式トレーニング法でトレーニングした実績と経験を生かし効果的なトレーニングの仕方や理論をお教えする事が出来ます。散歩トレーニングやカフェトレーニング等もカリキュラムに加え実際の現場でどう対応すべきかを楽しくご指導いたします。又ドッグスポーツの楽しみ方についてもお話しいたします。実際に体験する事も可能です。

より多くの方にドッグトレーナーの魅力をお伝えしていきたい。

シッスルでは前にも述べましたように人と犬とが自然にくらす英国式の家庭犬トレーニングの素晴らしさを1人でも多くの方に知って犬との生活を楽しんでいただきたいとの思いから一般の方々に楽しく、わかりやすく丁寧にお教えする事をモットーとしています。

注釈 
 *1  各種純粋犬種の犬籍登録及び有能優良犬の普及と正しい犬の飼育の奨励を行い人々の
動物愛護の精神をたかめることを目的として活動しているクラブです。

 *2  1870年設立された英国のクラブで愛犬家に長い経験から得た情報をもとに犬の福祉、健康、飼育、教育について充実したアドバイスを総合的に行う。犬のライフサイクルの中で必要となるブリーダー、獣医師、ドッグトレーナーの事からドッグショー、イベント等についても情報を提供している。
 
*3  ジャパンケネルクラブ等の主催で行われる犬のしつけ訓練の度合いを測るための試験
初等科から大学科までレベルに応じて受験することが出来る。
この試験を受けることで自分の犬のレベルを知ることが出来近年受験者も増えている。

 *4  主に一般犬種の訓練の普及を目的に行われる家庭犬向けの訓練競技会のこと。
各種団体が様々な形で行っているがジャパンケネルクラブでも全国で20数回開催している。
全犬種対象で犬質の向上及び性能アップを図る。
最近では一般愛犬家の訓練に対する関心が高まり競技会への参加も年々増加している。
他にアジリティー、フライボール等各種競技会がある。

*5  簡単には犬の障害物競走のこと。犬とハンドラーが1つのチームとなり、障害物が置かれた
コースをミスなくクリアーして行きその早さをきそう競技。

*6  各々4匹づつの犬のチームで競われる。
各チームの犬にボールの入ったボックスに付いているペダルを押させて、出て来たボールを
くわえさせ再び戻って来るという競技。先に4匹の犬がミスなくコースを終えたチームの勝。

△ページのトップへ戻る
Contents menu
シッスルドッグトレーナーズスクール、シッスルケイナインカレッジの特徴
体験レッスン
体験レッスン